• Pマークの取得は規格と法規制を満たしてから

    Pマーク、すなわちプライバシーマークです。
    企業や団体などが個人情報を適切に取り扱っているかを審査して認定された場合に名刺やWebページなどに使用することを許されるものです。

    Pマーク取得に対して関心度が高まっています。

    Pマークを取得するには国内規格であるJISQ15001の2006年度版「個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」への適合が必要です。
    また、その他個人情報保護法、各省庁が策定したガイドラインや地方自治体の条例なども取得の際の基準の一つです。

    一度Pマークを取得したら2年ごとの更新が必要です。

    新規の取得及び更新時にはプライバシーマーク指定審査機関が監査を行います。申請した企業や団体が行っている個人情報保護の活動について、記録などを確認して規格や法令などに規定されている内容を満たしているかを判断します。

    教えて!gooの情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

    もし、足りないところや間違っているところがあれば指摘を行い、是正が完了するまでは認証や継続ができないことになります。
    無事全てが適合していることが確認できれば、認証されます。


    Pマークを取得することで、その企業に対するプライバシーの保護についての安心感が増します。

    取引先については個人情報を取り扱う業務を行うためにはPマークが必須条件ということもあります。
    またヨーロッパなどの海外に取引相手がいる場合には、注意が必要です。



    個人情報の保護ができていないところとは取引ができないということもあります。
    個人情報を適切に扱っていることが証明できることは商機につながる可能性があります。