• Pマーク取得のメリットや基礎知識

    Pマークは個人情報保護に対して一定の基準を満たしている場合、日本情報経済社会推進協会によって使用を認められるマークです。

    Pマークを獲得すると企業自身が持っている個人情報をきちんと管理し、保護するシステムが構築されている証になります。国内に拠点がある事業者を対象にした制度で、取得することで社会的な信頼を得ることが出来ます。取引先や顧客にも信用され、依頼される仕事の内容や量にも良い変化をもたらします。

    それと同時に責任が生まれ、個人情報を適切に扱う企業であり続けなくてはいけないのです。
    社会的な信用を継続させるためにも、取得する前や取得後も個人情報の管理や保護システムを運用する必要があり、適切なルールに則ってシステムを作り上げるためにも社内に責任者や担当者を必要とします。



    正しく安全に運用するためにも、社内外に責任が取れる担当者が必要です。


    また定期的にシステムを見直したり、社内の教育にも取り組む担当者を探す必要もあります。

    トラブルが発生した場合でも担当者が対応し、問題解決に全力を尽くすことが大切です。



    Pマークを取得するためには、審査を受けるための申請料や審査料、設備投資だけでなくプライバシーマーク取得支援サービスなどコンサルタント料が必要です。

    申請料は申請に必要な書類を提出してから、プライバシーマーク事務局から請求された時点で支払います。



    振り込みが完了したら、調査員が企業にやって来る形式審査に移ることが出来ます。